学校長ご挨拶

 

共生・協働・奉仕

八戸聖ウルスラ学院 校長:里村 智彦


世界は、お互いの違いを乗り超え、尊重し合いながら「共に生きる」グローバルな時代に入りました。本学院では、「共生・協働・奉仕」の目標のもと、グローバル社会に対応できるような総合的な人間力の育成に取り組んでいます。学力の向上はもちろんですが、様々な体験学習や課外活動に参加することで自ら学ぶ姿勢を育むことを重視しています。また、世界に広がるウルスラ姉妹校との国際交流を通し、英語コミュニケーション能力の育成が充実していることも特色です。20年後には、今ある仕事の半分がAIに取って代わられる時代が来ると言われています。そういう時代を生き抜き、社会に貢献することが出来る人間力を八戸聖ウルスラ学院では育てていきます。